御朱印クエスト

神社のみで御朱印帳を埋めるという壮大なクエストを達成するべく、長野を中心とした神社・やどや・回復の泉・観光スポット等をつづった冒険の書。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢の章-神社編 月夜見宮-

三重県伊勢市の月夜見宮(つきよみのみや)。
アマテラスさんの弟である月夜見尊が祭神。
伊勢神宮の外宮・別宮(境外)。
つまり、外宮が本社だと別宮(境内)が本社ビル内の支社で、別宮(境外)は本社ビル付近の支社。

アマテラスさんが太陽神で、弟さんは月の神様。

外宮から歩いて10分かからないくらいにある月夜見宮。(外宮の駐車場からだったらもっと近くて、わかりやすい。)
鳥居に続く道を歩いていると、至る所に「神路通り」のミニ看板を発見。
ここでウィキペディアさんを召喚。

外宮の北御門(きたみかど)から月夜見宮までの、幅員4m程度の1直線の道は「神が通る道」とされ、「神路通り(かみじどおり)」と呼ばれる。外宮と月夜見宮の周辺では、神路通りの真ん中は神様が通るので人は端を歩くように子どもに教える風習がある。

(引用元:月夜見宮 ウィキペディア)



ふむふむ・・・

神様気取りで思いっきり真ん中歩いてたんですけど。
恥ずかしいー

気取ったまま到着。
三連休の中日だったこともあり、伊勢市駅から外宮まではお祭り騒ぎだったけど、こちらはひっそり。
わたし的にはこのくらいひっそりしていたほうが、神聖な感じがして好きなのです。

境内には本殿の他に大きな楠(お願い事をするといいらしい)や、別宮の摂社である高河原神社もあります。

夜の神様にご挨拶をして、御朱印をいただくことに。
別宮と言っても、ちゃんと神職さんがいて、お守りなんかも販売しています。

そしてここで、あの御朱印帳(詳細は 首都圏の章-神社編 今戸神社-にて)が波紋を呼びます。

にゃんこ帳を渡すと、クスクスし始めた神職さん。
「(くすくすくす・・・)とても珍しい御朱印帳ですね。こんなにかわいらしいものは初めて見ました(くすっ)」

聖地である伊勢神宮の別宮でさえ珍しいと言われるとは、さすがにゃんこ。
こちらがにゃんこに頂いた御朱印。

月夜見宮 御朱印

なんだか余計なものが一切無くてとてもシンプル。
勝手に「伊勢神宮」て派手なスタンプとか押すのかと思っていたけど、とんだ勘違い。

その後、友達が御朱印をいただいている時、忍び寄る影。
「あの、そのかわいらしい御朱印帳はどちらのものですか?!」

と、見知らぬおねぇさんから声をかけられる。
にゃんこパワー発揮。

あのおねぇさんはにゃんこ帳を購入したのだろうか・・・

ちなみに、友達はここで御朱印帳を購入していました。(ちゃんと伊勢神宮の御朱印帳でした)



番外編
内宮の別宮(境外)にも月讀宮(つきよみのみや)があり、同じ弟神を祀っていますが、別物の神社。
由緒は確かではないようですが、月夜見宮は農耕の神様を祀る神社であったと伝えられているとのこと。

後で乗ったタクシーのおじさんが、外宮・内宮を始め、お参りする順番やそれぞれの御利益について教えてくれたので、後日追記します。

<本棚を調べる>
☆伊勢市観光協会HP↓↓かわいらしく、内容充実でとっても参考になったおすすめサイト☆
伊勢市観光協会

☆リセットを押す前にぽちりしていただけると主人公のHPがベホマ並みに回復します♪☆
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

<関連記事>
伊勢の章-神社編 伊勢神宮・外宮-
伊勢の章-神社編 伊勢神宮・内宮-


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

パーティーメンバー

さくらねこ

Author:さくらねこ
長野に在住するオナゴがこのクエストの主人公。
ベホイミは神社・温泉・にゃんこ。
2012年4月に長野の神社で結婚式を挙げ、パーティが増えました。
来年にはもう1人チビパーティー追加予定。

検索フォーム

カテゴリー

openclose

☆ランキング☆

ランキングに参加してみました。 電源を落とす前に1ポチしていただけると、主人公のHPが回復します♪

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

おすすめ本

一度は行きたい神社・お寺のご朱印散歩 (新人物文庫 か 7-1)

新品価格
¥750から
(2011/12/13 15:10時点)

日本全国このパワースポットがすごい! (PHP文庫)

新品価格
¥720から
(2011/12/13 15:20時点)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。